撮影時は室内灯を消しましょう

返品率の高い商品の多くは、届いた商品の色と形がサイトの写真と違うという場合が多いです。

今回は色に注目してクレームの少ない商品撮影をしましょう!

ポイントは2つ!

1 撮影の時は室内灯は全部消しましょう

ちょっと難しい話ですが、光の《色》って一定じゃないんです。
一般的なカメラですと初期設定でカメラのオート機能がちょうど良くしてくれています。

しかし、家の光が灯っていると、カメラはどっちの色に合わせようかと困ってしまい、結果的に赤くなってしまったり青くなってしまったり、最悪両方が混在してしまいます。

電灯は消す4室内の電灯の光で赤くなってしまった例

 

2 どうしても色が変わっちゃう時はWB(ホワイトバランス)を変えましょう。

 

WBは色を変える機能です。
色が綺麗に出ない時は、WBの設定を変えて撮影しなおしてみましょう。

 

電灯は消す2電灯は消す3WB設定後の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

PAGE TOP