セルフタイマーの本当の使い方?ブレの無い写真を撮る

セルフタイマー機能は、手持ちでの撮影や暗い場所で撮影する場合に効果的なんです。
手ブレしないクッキリした輪郭をだしましょう。

手持ちや暗いところでの撮影は、※シャッタースピードというのが遅くなってしまい、手ブレしやすいです。

手ブレはシャッターを押した時の力が入りすぎ、カメラが傾いてしまい商品が分身してしまう現象です。

セルフタイマー機能は、(スマホ・コンデジ・ミラーレス・一眼レフ)カメラにほぼついていて、シャッターボタンを押した後、設定した時間経過すると、自動的にシャッターが切れます。この機能でカメラの傾きが抑えられ、手ブレのしない写真が撮れます。

 

セルフタイマー01手ブレした写真

 

設定時間は2秒!
カメラによりますが、10秒と2秒が一般的です。どちらでも構わないのですが、10秒待つのは退屈ですね。

 

セルフタイマー03

セルフタイマー02セルフタイマー機能を使って、手ブレを抑えた写真

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

PAGE TOP