これだけ覚えてすぐ使える構図 3選

構図というと、一番最初につまずくポイントですね。
「私、センスがないから〜」とよく聞きます。
実は3つのポイントを覚えるだけで、かなりレベルアップするんです。

 

 

①3:2のスペースを

写真の中に被写体の全体が入る場合は、上下のスペースの割合に気をつけましょう。
上のスペースを3に対し下のスペースを2にすると、安定感のある構図になりますよ。
感覚的には「少し下にアイテム」です。

 

構図02

 

②見切って存在感

 

お皿などの形の伝わりやすい商品は寄って撮ると、質感もわかりますし迫力が出ます。

 

構図04

 

③3分割構図は簡単綺麗

 

縦横に等間隔の線を脳内イメージもしくはグリッドラインを出します。
そしてその縦と横の線の交点に主役を配置するととても簡単に魅力的な写真になります。

構図03

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

PAGE TOP