「コピー用紙」でふんわり写真を!?白レフと黒レフの使い分け

ふんわりした写真やキリッとした写真はレフ板一つで作れるんです。
レフ板を窓と反対の方に置くだけ!簡単に印象的な写真を撮りましょう。

テレビとかでカメラマンのアシスタントの人が持っている丸いやつ、
あれがレフ板です。

光があれば影ができます。その影に対するアプローチがレフ板の役目です。

 

⑴ふんわり写真は白いレフ板で

 

じつは身近にあるコピー用紙で代用できます。
要は白ければ全部白レフになるんです。Tシャツでもオーケー。
影を薄くすることで、コントラストが低くなって全体的に柔らかい印象になります。

レフ02

左:レフ板無し                        右:レフ板有り

 

⑵キリッと写真は黒いレフ板で

 

影をより濃くするのが黒レフ
カコイイ写真は男心をくすぐります。

 

レフ03
左:レフ板無し                        右:黒レフ板有り

 

レフ04レフ板を置いている様子

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

人気記事

PAGE TOP